引越しは、夫婦2人なら自分たちで、1人なら単身パックが安いですよ。

引越しをする人数にもよりますが、私は夫婦2人での引っ越しだったため、荷物運びは自分達でやりました。

1人の場合は大手引っ越し会社の単身パックをお勧めします。
今は引っ越し業者かなり安くなっており、特に単身パック等であれば、自分でやるより効率的です。

尚且つ、働いてる方の場合、数日かけて引っ越しなどをしたら、年齢によっては体力の問題で、仕事に支障が出る可能性もあります。

どちらにせよ、現在の住まいと新居で契約期間が1日も被らずに引っ越しするのは難しいので、数日の間で友人との予定を合わせ、手伝ってもらうことにしています。

ただ、ダブルベットや冷蔵庫や洗濯機などは、自分達が考えてる以上に重く、身体に負担をかけない様に運ぶノウハウが無いので、かなり苦戦しました。

バスタオルを挟んで引きずったり、テコの原理を使って持ち上げたり、プラスな捉え方をするのであれば、お互いが考えて共同作業をしないと全く終わらないので、新婚さんにはもってこいの作業かもしれません。

引越し費用を安くする方法は、「自分達で引っ越しする」方法です。

あとは、契約の時の話をするのであれば、礼金については無しにしてもらえるか交渉する。

但し、期間的に余裕がある引っ越しで無い場合は、色々な物件を見る時間や大家さんに交渉する時間が無いので、大体の場合諦めてしまいます。

今までに5回の引っ越しを行っていますが、成功したのは1回ぐらいです。

もし、コミュニケーションや交渉が苦手な方は、予め礼金が無しの物件を選んだ方が無難だと思われます。

あとは、不動産屋とお話しする際に、最初から家賃として支払える金額のギリギリを提示してしまうと、大体それよりも高い物件をお勧めされます。

ギリギリの生活にならない様に、支払える金額の3分の2位の金額を提示すると丁度良いかもしれません。

その他、物件探しに時間がかかりすぎてくると、ある程度で良いかもしれないと諦めてきてしまい、気に入ってない物件で契約してしまうこともありました。

最低限譲れない条件を予め考えておくと、話がスムーズに進みます。

引越し 費用 相場